スーツ姿の綺麗な女性

重要な部分

グローバル化の波が日本にも押し寄せてきており、これからの時代は海外も取引相手になることが多くなってきます。
その為、英語の能力が必要とされる社会になってきますが、英語は一朝一夕で修得することは難しいと言えます。
その為、専門の翻訳者を雇う必要がありますが、中小企業の場合は、コストが掛かり、企業にとって負担となります。
翻訳業者に、契約書やマニュアルを翻訳してもらうと、コストを抑えつつ海外に製品を売り出す事が出来ます。
契約書は内容が煩雑になることが多く、法律に関する専門的な用語が頻出する為、英会話が少し出来るくらいでは、翻訳することが難しいです。
また、契約書は、契約の内容や締結に関する重要な情報が記されています。ですから、相手に誤解を与えてしまわないよう正確な翻訳をする必要があります。
翻訳を外注する場合は、専門的な翻訳業者かをしっかり確認してから選ぶ必要があります。

契約の内容にも色々なものがあり、基本取引契約書といったものから、輸入ライセンス、国内販売、委任状、エンターテイメント関係、秘密保持などがあります。
これらの契約書は、それぞれ難しい内容なので、詳しい知識を持つ専門家が必要です。
翻訳は、日本語から英語が一般的ですが、業者によっては他国の言語へと翻訳してくれるところもあります。
翻訳の料金は、基本的に文字数単位や単語単位で設定されています。業者を選ぶ時は、値段と専門性に注目する事が大切です。

料金について

翻訳業者の英語翻訳には、契約書の内容や種類によっても料金が異なる場合があります。また、英語から日本語への和訳、日本語から英語への英訳もそれぞれ料金体系が異なることがあるので、注意が必要です。

業者を選ぶ前にやる事

良い翻訳業者を選ぶには、翻訳を考えている契約書の翻訳経験や実績があるかを確認しておく必要があります。また、見積もりを事前に行っておくことで、ある程度の料金を把握しておく事が出来ます。

業者選びで大切な事

翻訳業者に求められることは、契約書の正確性ですが、契約書の内容の秘密保持も重要です。しっかりとした情報管理体制が整っている業者を選ぶようにし、認定を取得しているか確認しておきましょう。

納品までの流れを把握

契約書を翻訳してもらった場合は、希望の方法で納品を行ってもらうことが可能となっています。郵送やメールなど多くの方法があるので、受け取りやすい方法を選んで申し込むようにしましょう。